むち打ちも後遺症と認定される?

 むち打ちも後遺症と認定されることはあります。ただし、可能性は高くはありません。一般的に、むち打ちは交通事故で負った症状の中では、特に軽いほうとされています。

入通院慰謝料の弁護士基準でも、むち打ちは最もけがが軽いほうに分類されています。治りやすさから考えた場合、むち打ちは深刻であることもあるわけですが、骨折や大量出血を伴う怪我に比べると、軽い扱いとなっています。

work

 むち打ちで後遺障害認定されるとしたら、最も低い等級である14級となります。14級に該当するケースは、最初の後遺障害認定申請で却下されることが非常に多いです。却下理由は定型文の文章になっていることが多く、よほどはっきりと異常が確認されるMRI画像でもないと、認定はされない現実があるようです。

患者を診て認定審査をするわけではなく、すべて書類審査となりますので、レントゲンやMRI画像で異常がはっきりと示せないと、むち打ちで後遺障害認定を受けるのは難しそうです。治療期間や入通院頻度も、現在では認定に影響しません。

 画像に映っていなくても、症状に苦しむ患者は大勢います。MRI画像に異常がはっきり映るケースは、むしろ稀だという医学者もいます。しかし、たとえ主治医がそうした見解を述べたとしても、画像だけを基準に審査をしているようなところがあるようです。そのため、むち打ちで後遺障害認定されるケースはかなり少なくなっています。異議申し立ては何度でもできますが、新しい資料がないと、結果が変わることは期待できません。

関連記事

カレンダー

2017年3月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る